logo

アップル、旧iPhone利用者に「iPhone 6s」乗り換え勧める広告--「App Store」アプリで

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年12月14日 11時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone 5s」以前の「iPhone」を使用しており、「iOS 9.2」にアップグレードした人は、「App Store」アプリ使用時に腹立たしい「iPhone 6s」の広告が表示されることを覚悟した方がいい。

 そう、Appleは旧式のiPhone上で最新のiPhoneを宣伝し始めた。この問題は最初にTwitter(職場閲覧注意)で報告され、米ZDNetもそれを独自に確認した。問題の広告はユーザーに対し、iPhone 6sについて「さらに詳しい情報を閲覧」することや、即座にアップグレードすることを勧める。

 この広告は、ユーザーに広告を手動でスキップすることを要求してユーザーのワークフローを妨げるという点で、特に腹立たしく、押しつけがましい。

 この広告のコードは、先週リリースされたiOS 9.2アップデートの一部のようだ。

 AppleがユーザーをiPhoneや「iPad」にアップグレードさせるために、これほど攻撃的な広告の使用を選択したのは、今回が初めてだ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集