logo

グーグル、「Cloud Vision API」をリリース--画像認識機能をアプリに追加

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年12月04日 12時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月2日、「Cloud Vision API」のリリースを発表した。

 Cloud Vision APIは開発者向けツールで、機械学習機能と画像認識機能をアプリケーションに追加するのに利用できる。最終的にはロボットから家電製品までさまざまな機器に応用が可能で、そうした機器が画像を見て状況判断ができるようになる。

 つまり、未来に存在する多くの機器はいつか、人が部屋に入ると顔を認識し、表情に基づいて反応することができるようになるかもしれない。

 Cloud Vision APIでは、浮かんでいる感情によって顔を識別したり、印刷されたさまざまな言語の文字を認識したりするために、画像が何千ものカテゴリに分類される。Googleによると、このREST APIは、どこに保存された画像でも分析でき、「Google Cloud」に保存された画像と連携させることもできるという。

 製品マネージャーのRam Ramanathan氏はブログで、今のところCloud Vision APIは「Google Cloud Platform」を通じて限定プレビューとして提供されていると述べている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集