logo

人の手とロボットの融合で省力化--シャープ栃木工場の“ものづくり”

加納恵 (編集部)2015年11月21日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 シャープの液晶テレビ「AQUOS」の開発、製造を手掛けているのは栃木県矢板市にある栃木工場だ。開発と生産の拠点を一体化し、液晶テレビの”マザー工場”として最先端の製品を生み出すその内部を写真で紹介する。

 こちらがシャープの栃木工場。第1~4工場があり、総敷地面積は32万6300平方メートルで、その広さは東京ドームの約7倍になる。今回は「AQUOS XD35/UX30」を製造している第1工場を見学した。
Scroll Right Scroll Left

 シャープの液晶テレビ「AQUOS」の開発、製造を手掛けているのは栃木県矢板市にある栃木工場だ。開発と生産の拠点を一体化し、液晶テレビの”マザー工場”として最先端の製品を生み出すその内部を写真で紹介する。

 こちらがシャープの栃木工場。第1~4工場があり、総敷地面積は32万6300平方メートルで、その広さは東京ドームの約7倍になる。今回は「AQUOS XD35/UX30」を製造している第1工場を見学した。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集