logo

「iPad Pro」レビュー(第2回)--「Smart Keyboard」の長短所と巨大な本体の使い勝手 - (page 2)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年11月24日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Smart Connectorは理論上、ほかの周辺機器や入力機器に電力を供給することができる。例えば、トラックパッドもそれらの機器に含まれる。iPad Proにはトラックパッドが搭載されておらず、「iOS 9」ソフトウェアも、iPadのオンスクリーンキーボード上を2本指でタッチするという限定的なカーソル操作を除けば、トラックパッドという概念をサポートしていない。自分の作業用ツール(「Google Drive」や米CNETのウェブベースのコンテンツ管理システム)を使ってウェブ上で編集や作業を行うのに、筆者にはトラックパッドが必要である。「iOS 10」と今後登場する周辺機器でトラックパッドがサポートされることを願う。

iPad ProとSurface Pro 4。キーボードで何が違うか分かるだろうか?
iPad ProとSurface Pro 4。キーボードで何が違うか分かるだろうか?
提供:Josh Miller/CNET

 しかし、執筆に関しては、筆者はiPad Proで素早く作業を進めることができた。筆者の場合、膝の上に載せて使うときはLogitechのキーボードの方が快適だったが、平らなデスクの上ではAppleのキーボードが最適だった。しかし、いずれのキーボードでも、ノートブックのようにスクリーンの角度を調節することはできない。iPadのスクリーンは横向きにしても高さがあるので、筆者が利用するNew Jersey Transitの電車の座席のような窮屈な場所では使いにくかった。Appleの12インチ「MacBook」や11インチ「MacBook Air」の方がはるかにコンパクトだ。

iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPad mini 4、iPad Air 2、iPad Pro(左から右)
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPad mini 4、iPad Air 2、iPad Pro(左から右)
提供:Sarah Tew/CNET

巨大なサイズ

 デスクに座って、あの巨大なスクリーンに没入していると、自分がiPadで作業をしていることを忘れてしまうこともある。

figure_6
提供:Sarah Tew/CNET

 そう、iPad Proは大きい。文字通り、MacBookの蓋側と同じくらいのサイズだ。高さと幅に関して言えば、iPad Proは13インチMacBook Airと12インチMacBookの中間に位置する。片手で持つこともできるが、サイズが巨大なため、非常に扱いにくい。ただし、見た目ほど重くはない。本当だ。重量は713gで、初代iPadより少し重い程度である。初代iPadよりはるかに大きいことを考えると、これは素晴らしい成果だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]