logo

グーグル幹部、「Chrome OS」は存続と明言--「Android」に統合との報道を否定 - (page 2)

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年11月04日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 とはいえ、Chromebookファンは同OSが時間とともに変化していくことを覚悟すべきだ。GoogleがChrome OSとAndroidの「両OSの最高の部分を統合する方法を模索」していることをLockheimer氏は認めた。Googleは「Vine」や「Evernote」「Duolingo」など、一部のAndroidアプリをChrome OS上で動作可能にするテクノロジを既にリリース済みだ。同社は2014年のソフトウェア開発者カンファレンスで、「App Runtime for Chrome」として知られるそのツールを発表した。同ツールは今もベータテスト段階にあるが、Googleは現在、あらゆるAndroid開発者がそれを使うことを認めている。

 Chrome OSに関しては、「まだまだやるべきことがある」とLockheimer氏は述べた。例えば、GoogleはChrome向けの新しいメディアプレーヤーのリリースや、視覚面をデザインし直して、Googleのほかのすべてのソフトウェア製品と同じような外観にすることを予定している。

 Lockheimer氏がChrome OS擁護のために公式に意見を述べるのは今回で2度目である。WSJによる先週の報道の直後、同氏は、GoogleがChrome OSに対して依然として「非常に力を入れている」ことをツイートしている

IDCによると、Chromebookが2014年のノートPC出荷台数に占める割合はわずか3%だったという。
IDCによると、Chromebookが2014年のノートPC出荷台数に占める割合はわずか3%だったという。
提供:Richard Nieva/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]