logo

ヤマハ、ハイレゾ対応の新開発トゥイータを搭載したHiFiスピーカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは9月29日、スピーカシステムとして、ブックシェルフスピーカ「NS-B330」と、トールボーイスピーカ「NS-F330」を発表した。発売は11月下旬で、10月29日に予約受付を開始する。税別価格はNS-B330が4万3000円/ペア、NS-F330が3万5000円/1本となる。

 NS-B330は、テレビの脇やサイドボードなどにも置きやすいコンパクトな2ウェイ構成ブックシェルフ型。NS-F330は、ツインウーファと大容積のフロアスタンディング型エンクロージュアによって、スケール感と豊かな低音再生を実現する2ウェイ3スピーカー構成のトールボーイ型だ。

 2機種とも、ハイレゾ対応の新開発3cm「ブラックアノダイズド・アルミツイーター」を採用。ハイレゾ再生に必要な45kHz(-10dB)までの再生周波数帯域と強度を確保し、リアルで厚みのある高音再生を実現した。

 ウーファには、低音域の量感と抜けの良さを追求した、新開発の13cm「PMDコーンウーファー」を投入。NS-F330は、このウーファを2本搭載したツインウーファ構成となっている。

 高音域の壁面反射に起因する悪影響を軽減する、ウェーブガイドホーンを採用し、音像定位や周波数特性の乱れを防止。トゥイータの低域側特性を改善して、ウーファとの音のつながりもスムースに整えた。

 2機種とも外装に黒鏡面ピアノフィニッシュを施し、それぞれブラック木目調とウォルナット木目調の2色を用意。NS-F330には、バイワイヤリング対応の金メッキ仕様スピーカ端子を装備している。


「NS-F330/B330(MB)」 ウォルナット

「NS-F330/B330(B)」ブラック
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集