logo

アップル特別イベント、開催目前--「iPhone 6s」から「iPad Pro」まで発表予想を最終確認

John Falcone (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年09月09日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月と言えば、新型「iPhone」の発表の時期だ。

 Appleは2014年、毎年恒例のiPhone発表イベントでダブルパンチを繰り出してきた。最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏は、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」という大画面スマートフォン2機種に加えて、「Apple Watch」を披露した。同社初のウェアラブル製品が実際に店頭に並んだのは2015年になってからだが、それまでの7カ月間で大々的な宣伝が展開され、さまざまな予測が飛び交った。一方で、新しいiPhoneは大ヒットとなり、世界最大のエレクトロニクスメーカーAppleに記録的な利益をもたらすことになった。

 Appleは2015年もその勢いを維持しつつ、さらに野心的な全面攻勢に出ようとしている。今回の新型iPhoneは2014年より控え目なアップグレードになる見込みだが、同社は他にも新製品を披露して盛り上げを図ると見られている。なかでも注目されるのが、まったく新しい「Apple TV」ボックスと、改良型の「iPad」だ。

 このイベントは米国時間9月9日にサンフランシスコのビル・グラハム・シビック・オーディトリウムでの開催が予定されている。イベント開催が目前に迫った今、9日の発表内容をめぐる最新のうわさ、推測、情報に基づく所見を紹介しておこう。

招待状

新型スマートフォン「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」

 新型iPhoneが発表される可能性は非常に高い。今回は「s」モデル発表の年に当たるので、表面的なデザインは2014年モデルのiPhone 6とiPhone 6 Plusからほとんど変わらないと思われる。だが内部を見ると、期待できそうなアップグレードがいろいろとある。MacRumorsと9to5Macが伝えた信ぴょう性の高い最新のうわさによると、本体は若干大きくなり、Apple Watchの一部のモデルに使用されているのと同じ高密度「7000シリーズ」のアルミニウムが採用されるという(そうなれば、2014年の「折れ曲がり疑惑」が誇張だったとしても、さらに頑丈なスマートフォンになるはずだ)。内部的には、より高速な「A9」プロセッサを採用しカメラ機能が向上するほか、ディスプレイに「Force Touch」が搭載されると見られる。これもApple Watchに採用された技術で、タッチスクリーン入力が画面を押す強さに応じて変わり、さらに繊細な入力が可能になると言われている。

 画面サイズは同じ(iPhone 6sが4.7インチ、iPhone 6s Plusが5.5インチ)で、基本的な価格構成も変わらないだろう。残念なのは、エントリモデルのストレージが今回も16Gバイトのままになりそうな点だ。一方、同じような価格の「Android」端末は、ほとんどがその2倍から始まっている。

新しいApple TVボックスが(ようやく)登場か

 Apple TVボックスは3年もアップデートが止まったままだったが、その停滞も9月9日にようやく終わりそうだ。Buzzfeedと9to5Macの記事では、まったく新しい動画ストリーミングボックスになり、「Wii」のようなモーション対応およびタッチ対応のリモコンが付属するとされている。このリモコンと、iPhone向けのものと似たアプリストアが追加されることによって、大量のカジュアルゲームが登場し、チャンネルが増えることになるだろう。

Apple TVはそろそろアップデートされてもいい時期だ。
Apple TVはそろそろアップデートされてもいい時期だ。

-PR-企画特集