logo

アップル、イベントを米国時間9月9日に開催--次期「iPhone」を発表か

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年08月28日 07時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Appleは米国時間9月9日、サンフランシスコでイベントを開催する。そこで同社は、次期「iPhone」を披露すると思われる。

 同イベントは、「iPhone 6」とそれよりも大きな姉妹製品「iPhone 6 Plus」の発表イベントからちょうど1年という日程で開催されることになる。1年前に発表された2機種は、Apple史上最も売れた製品となり、Appleを世界で最も収益性の高い公開企業へと押し上げた。

 8月27日に発送されたイベントへの招待状には、「Hey Siri, give us a hint」(ヘイSiri、ヒントを教えてよ)という、もったいぶった短いフレーズが記されている。

 iPhoneは、Apple売上高の3分の2以上を占めており、消費者が望む端末を投入し続けることがAppleにとって必須事項となっている。同社は引き続き、多数のスマートフォンを販売しているが、モバイル市場全体は減速しており、Appleでさえもその需要低迷の影響を避けることはできないのではないかという懸念が生じている。またAppleは、タブレットに再び購入者の関心を惹きつけるための方法も探す必要がある。iPadの四半期売上高は、前年同期比で6期連続減少している。ビジネスユーザーにとって魅力的となり得る大型iPadが、そのための方法になるかもしれない。

 2015年のiPhone投入は、「S」サイクルになる。つまり、デバイスには新しいハードウェアデザインが加えられない代わりに、他の調整が施される可能性がある。このような調整の例としては、iPhone 4Sに加えられたAppleの音声アシスタント「Siri」がある。Appleは、「Force Touch」技術を新しいデバイスに加えると予想されており、同技術によりiPhoneは、ユーザーがディスプレイをタップした時の強弱を識別できるようになる。他の調整としては、より高速なプロセッサとカメラ、そして、カラーオプションなどが考えられる。

Appleからの招待状。ユーザーからの質問に答える機能を持つiPhoneの音声アシスタントへの命令が書かれている。
Appleからの招待状。ユーザーからの質問に答える機能を持つiPhoneの音声アシスタントへの命令が書かれている。
提供:Apple

-PR-企画特集