logo

一部の「iPhone 6 Plus」にカメラ不具合、無償交換へ

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年08月24日 07時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、「ごく一部」の「iPhone 6 Plus」に画質に影響を与えるコンポーネントの故障があるとして、対象端末の背面にある「iSight」カメラを無料交換すると発表した。

 Appleによると、対象端末は主に2014年9月から2015年1月の間に販売されたもの。Appleは同社ウェブサイト上に、所有端末のシリアル番号を入力してそれが無償交換の対象かどうかを確認するためのツールを用意した。

 対象ユーザーは、Apple直営店または正規サービスプロバイダー(無線通信事業者は対象外)に端末を持っていくことができる。シリアル番号確認ツールが用意されているのと同じページに、最寄りの店舗を検索するためのリンクが掲載されている。その他の詳細についてもそのページを参照してほしい。

 iPhone 6 Plusは2014年9月に、姉妹機種「iPhone 6」とともに発売された。両製品は、競合するサムスンが成功を収めた大画面搭載スマートフォンに対抗するものとして広く認識され、また、それは対抗戦略として有効だったようだ。Kantar Worldpanelの調査によると、iPhone 6 Plusは2015年第1四半期に米国で最も多く売れた「ファブレット」(大画面スマートフォン/タブレット)端末となった。

 iPhone 6 Plus(とiPhone 6)は、高画質写真を撮影する能力も高く評価されている。専用のデジタルカメラを持たずにスマートフォンで日常的な写真を撮る人がますます増えていることを受け、Appleは2015年、写真撮影に焦点を合わせた「iPhone 6で撮影」というキャンペーンを展開している。

 Appleの「iPhone」は、同社の業績においてこれまで以上に不可欠な存在となっている。ここ数四半期では、Appleの売上高の3分の2以上を同端末が占めた。同社は9月上旬にiPhoneの次期バージョンである「6S」を発表するとみられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集