logo

米控訴裁、サムスンの申し立てを棄却--アップルとの知財訴訟で

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年08月17日 12時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年のAppleとの訴訟に対するサムスンの申し立てが棄却された。

 San Jose Mercury Newsの記事は、これでサムスンの選択肢は、Appleに認められた数億ドルの損害賠償を支払うか、米最高裁判所への上訴を試みるかのどちらかになったとして、次のように伝えている。

 米連邦巡回控訴裁判所は、かなりAppleに有利な以前の判決を再考するよう求めるサムスンの申し立てを、コメントすることなく棄却した。これで、係争中の知的財産侵害訴訟でAppleに支払うよう命じられた数億ドルの損害賠償を覆すためにサムスンに残された唯一の法的選択肢は、米最高裁だけになった。

 サムスンはこの訴訟で、「GALAXY S II」などのスマートフォンやタブレット、20余りの製品を開発するにあたり、Appleの知的財産を侵害したと判断された。サムスンは損害賠償のうち、不当に認められたとする約3億9900万ドルについて申し立てていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集