logo

アップル、MVNOサービス参入を検討か - (page 2)

Kevin Tofel (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2015年08月04日 10時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleはすでに、自社スマートフォンの全機種でキャリアを介さずソフトウェアアップデートを行っている唯一の企業だ。同社はハードウェアからソフトウェアまで、エンドユーザー体験のすべてとはいかなくとも、可能な限り多くの部分を管理したいと考えている。ネットワーク側の管理を強めることで、同社の取り組みはいっそう推進されることになる。

 むろん、Appleはネットワーク回線を借りるキャリアに対価を支払わなければならないため、MVNO事業の売り上げすべてが取り分になるわけではない。しかし、Appleが交渉において強い影響力を発揮することは、これまで何度も証明されてきたとおりだ。筆者の予想では、Appleは従来のMVNOより低コストで回線をリースし、同サービスから妥当な利益を上げられるようにするだろう。

 サービスが実現すれば、Appleはこれまでほどキャリアに依存しなくなり、とりわけ端末の販売に関してはキャリア離れが進むだろう。

 顧客はApple Storeに行けばスマートフォンとサービスの両方を購入できるようになり、Appleはそのすべての決済を管理するうえに、サービスの利用契約という新たな売り上げも発生する。さらにAppleのサービスが、Googleのワイヤレス通信サービス「Project Fi」のように複数のネットワークをサポートするなら、より質の高い接続体験を顧客に提供できるだろう。

 更新情報:Appleは米国時間8月4日、米国と欧州で独自のワイヤレスネットワークを導入するために協議しているという報道を否定した


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]