アップル、MVNOサービス参入を検討か

Kevin Tofel (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2015年08月04日 10時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Appleが仮想移動体通信事業者(MVNO)ネットワークサービス市場への参入を検討していると報じられた。

 Business Insiderが米国時間8月3日に情報筋の話として伝えたところによると、Appleは米国と欧州のキャリアからモバイルブロードバンド回線をリースしてMVNOサービスを開始するべく、キャリアとの交渉とサービスのテストを行っているという。

 MVNOサービスは、無線周波数帯に入札したり、関連インフラを構築したりする資金をもたない小規模な通信事業者によく用いられる手法だ。

 筆者は2009年、Appleがこの市場に参入することは、理にかなっているかもしれないと書いたが、まだ実現していないのは明らかだ。しかし、この可能性をより実現なものへと変える2件の出来事が最近あった。

 まずは、「Apple SIM」カードだ。Apple SIMは、Appleが2014年にiPadとともに米国と英国で販売を開始している。このSIMカードによって、同タブレットを異なるキャリアで使用することを選択できる。もし、Appleが自社ブランドのモバイルブロードバンドの提供を開始することを選択した場合、同様の技術が使用される可能性がある。なぜなら、その時点で、Appleが単一のネットワークプロバイダーに依存するとは思えないからだ。

 もう1つは、Googleの「Project Fi」だ。Project Fiは、AppleのMVNOサービスに関する筆者の考えに似ている。

 Project Fiは、1枚のSIMカードしか搭載しないが、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせて使うことでT-MobileとSprintの両方のネットワークで機能する。サービスは、特定の場所において、どちらのネットワークの状態が良いかに応じてシームレスにサービスを切り替える。

 では、AppleがMVNOのようなサービスで得るものは何か?さらなるコントロールと売り上げだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加