[ブックレビュー]今こそ覚えておきたい動画制作のコツとやり方--「仕事に使える動画術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
翔泳社
詳細:大型本 / 160ページ / 翔泳社 / 価格:1944円 / 著者:家子史穂、千崎達也 / 発売日:2015/07/14 / 外形寸法 (H×W×D):25.6cm×18.2cm×1.4cm / 重量:0.4 kg
内容:スマートフォンやデジカメで撮影ができ、動画サイトへの投稿も簡単。撮影から公開まで動画は大変身近なものになってきた。しかし“プロ”として動画を使うには、どうしたらよいのか。本書では最初から最後まで一通りの流れがつかめる。
Amazon.co.jpアソシエイト

 手持ちのデジカメやスマートフォンで、簡単に動画が撮れるようになり、だれでも動画を身近に感じている昨今。だが、仕事で動画を使うとなると、ただの面白映像や、長すぎて内容がよく分からない映像などを撮って出せばいいわけではない。本書は、会社として動画を配信する場合に便利な指南書だ。どこから始めれば良いのか、どのような機材を使えば見やすい映像が撮れるのか、何に気を付ければいいのか、最初から最後まで一通りのことが分かる。

 本書は、よくあるような素人がYouTubeでアフィリエイトをするためのガイド本ではない。動画をマーケティングに生かすための基礎知識から、動画を実際に撮影して配信するまでの流れ、動画の撮影前に決めるべきことなどが、順を追って分かりやすく解説されている。

 撮影の基本技術についてもシチュエーション別に注意すべき点やコツがまとめられており親切だ。もちろん、動画を撮影した後に必要な、編集作業についても、ソフトウェアの紹介から、カット割りのセオリーまで詳しく書かれている。

 本で学んだからと言って、すぐに撮影も編集も上手くなるわけではないが、本書ほど詳しく書かれていると、実際にやってみた後に、満足いかない点をどのように直していけばいいのか、本書の内容と照らし合わせて検証できる。仕事で動画を利用しようとしている、あるいはすでに利用していても、必ず読んでおきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加