logo

ドローン操縦者の養成講座、デジハリが準備中--専門組織が監修

井指啓吾 (編集部)2015年07月23日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルハリウッドは7月22日、デジタルハリウッド(専門スクール)で、ドローンの飛行実習などをカリキュラムに取り入れた「ドローン操縦技能士コース(仮称)」を開講すると発表した。開講時期は10月を予定。無人航空機システム(UAS)の健全な発展に寄与することを目的として設立された、一般社団日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が講義を監修する。

  • デジタルハリウッド大学・大学院学長の杉山知之氏

 講義は全8回を予定。2カ月間、週1回のペースで開講する。現在想定しているという学習領域は、(1)航空法、電波法などの関連法規、(2)ドローンのメカニズムなどの講義、(3)デジタルハリウッド大学の八王子キャンパスを利用したドローンの飛行実習、正しいドローンの操縦方法――の3つ。

 これに加えて、(4)ドローン活用による映像制作実習、(5)ドローン活用ビジネス企画――などを教える社会人向けのプロ養成コース「専科ドローンスペシャリスト専攻」も同時期に開講できるよう準備しているという。

 四年制大学であるデジタルハリウッド大学でもドローンの講義を開く。2015年度に始まった新カリキュラム内の単位として修得できる特別講義で、ドローンの操縦と空撮の実習を含む「ドローンパイロット講座(仮称)」を2016年4月に開講する予定だという。

 デジタルハリウッド大学・大学院学長の杉山知之氏は「(デジタルハリウッド系列校の)卒業生にも、コンテンツ制作時の撮影などでドローンを使っている人が多い。これまでにさまざまな出来事があって、ドローンが飛んでいたら警察に通報するような世間の状況もあるが、コンテンツ産業の発展のために頑張っていきたい」と意気込みを語った。

-PR-企画特集