logo

マイクロソフト、7800人を削減--携帯端末事業を縮小へ

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年07月09日 07時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間7月8日、携帯端末部門を中心に7800人を解雇し、2014年に買収したNokiaの端末およびサービス事業に絡み、76億ドルの減損処理を実施すると発表した。

 同社の携帯端末事業はAppleの「iPhone」やGoogleの「Android」ソフトウェアの圧倒的な勢力に押され、苦戦している。前四半期は、Androidの市場シェアが79%だったのに対し、「Windows」が占める割合はわずか2.5%だった。

 「成功する可能性のほとんどないスマートフォンを漫然と開発して損失を出すのは賢明でないと、判断したのだろう」と、Current AnalysisのアナリストAvi Greengart氏は述べる。

 Microsoftは、規模こそ縮小するものの、携帯端末事業から撤退するわけではない。Microsoftは、企業、バリュー、フラグシップという3つのセグメントに注力する計画だと、同社最高経営責任者(CEO)を務めるSatya Nadella氏は従業員宛ての電子メールに記した。

 ただし、同社の計画に詳しい情報筋によると、毎年投入している「Lumia」ブランドの端末の数を大幅に減らし、売れ行きが好調な分野だけを残す予定だという。

 「独立したスマートフォン事業を確立する戦略から、ファーストパーティーのデバイスファミリを含む、活気あふれるWindowsエコシステムを拡大して構築する戦略に移行する」とNadella氏は述べた。

 同社は、発売するモデルを減らす予定だ。MicrosoftとNokiaは2014年、約9種類の端末をリリースし、地域や事業者によって異なるさまざまなモデルを用意した。

 「あまりにも重要な市場なので、スマートフォン事業から完全撤退することはできないのだろう」とGartnerのアナリストKen Dulaney氏は述べる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集