logo

スクエニ、「ライブ・ア・ライブ」をWii U向けバーチャルコンソールとして配信開始

佐藤和也 (編集部)2015年06月24日 12時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクウェア・エニックスは6月24日、かつてスーパーファミコン用ソフトとして発売した「ライブ・ア・ライブ」の20周年を記念し、同タイトルをWii U向けバーチャルコンソールとして配信を開始した。価格は税別で657円。

  • スーパーファミコン版当時のパッケージ

 本作は1994年9月にスーパーファミコン向けに発売されたオムニバスRPG。時代や場所、遊び方までも全てが異なる7つの世界で展開するゲームシステム、それぞれの世界で個性溢れる主人公たちが織りなすストーリーが話題となったタイトル。「クロノトリガー」や「ファイナルファンタジーIV」などを手掛けた時田貴司氏の初ディレクションタイトルで、キャラクターデザインはワールドごとに青山剛昌氏、石渡治氏、小林よしのり氏、島本和彦氏、田村由美氏、藤原芳秀氏、皆川亮二氏といった人気漫画家が担当したことでも知られている。

 今回の配信は発売から20周年を記念したもの。また配信にあわせて7月4日と5日の2日間にわたって合計28時間ゲーム実況をニコニコ生放送で放送するほか、スマートフォンゲーム「ファイナルファンタジーレジェンズ 時空ノ水晶」ならびに「ホーリーダンジョン」とのコラボキャンペーンなども展開する。

  • スクリーンショット

  • (C)1994 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. キャラクター:(C)1994 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.,(C)1994 小学館

-PR-企画特集