logo

アップル、「Apple Watch」用OSの新バージョンを発表--ネイティブアプリ開発が可能に

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年06月09日 11時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleがついに「Apple Watch」の内側を開発者に公開する。

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏によると、Apple WatchのOS「WatchOS」へのアップデートにより、開発者は新しいツール群を使って、センサや心拍数モニタといった同スマートウォッチのハードウェアにアクセスできるようになるという。

 Cook氏は米国時間6月8日、同社の開発者会議「Worldwide Developers Conference」(WWDC)で、テクノロジ担当バイスプレジデントのKevin Lynch氏が登壇して具体的な説明をする前にこれを発表した。

 現状では、ソフトウェアメーカーは「iPhone」向けソフトウェアを改良して、Apple Watchの画面に表示できるようにする必要があり、iPhoneが負荷のかかる作業のほとんどを処理する。これまで、Apple Watchをフルに活用できるのは、「Maps」や「Mail」といったApple製のアプリだけだった。しかし、今後の新しい、いわゆるネイティブアプリでは、サードパーティー開発者はより高速で、よりスマートなApple Watch専用ソフトウェアを開発することができる。

 Appleは、開発者が「HealthKit」プラットフォームにアクセスして心拍数データを利用することや、そのほかの活動センサにアクセスすることも認める。活動センサには、音声機能用のマイクや、ソフトウェア内での操作を容易にするデジタルクラウン、カスタマイズ可能な振動で通知する「Taptic Engine」、画面を強く押すことでさらなる入力ができる「Force Touch」機能、スマートホームデバイスと通信するための「HomeKit」プラットフォームが含まれる。

 WatchOSには、いくつかの外観上の変更も施される。Appleは独立したアーティストがApple Watchの文字盤をデザインすることは認めていないが、独自の新しい文字盤をいくつか公開する予定だ。それには、上海やロンドンなどの都市で撮影されたタイムラプス動画を表示する文字盤や、写真、今度のフライト、カレンダーイベントの詳細など、パーソナライズされた情報を文字盤に表示するカスタマイズオプションが含まれる。

 Appleは「Time Travel」と呼ばれる新機能も発表した。Time Travelは、文字盤にカレンダー情報が表示されている時、デジタルクラウンを回すことで過去に戻ったり未来に進んだりして、間近に迫ったイベントなどの情報や過去に既に起きた情報を表示させることができる機能だ。


提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集