logo

「Android M」の第一印象--グーグル次期モバイルOSの新機能と変更点

Jessica Dolcourt Sarah Mitroff (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年06月01日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(編集部注:この記事は、5月29日公開のニュース「グーグル、「Android M」をプレビュー--指紋スキャナや「USB Type-C」をサポート」に未翻訳部分を加え、再編集して公開しています)

 Googleは米国時間5月28日、サンフランシスコで開催の年次開発者会議Google I/Oで、同社モバイルOSの次期バージョンである「Android M」を正式に発表した。

 2014年にプレビュー公開され、最終的に「Android 5.0 Lollipop」となった「Android L」と同じく、Android Mはまだ、おいしいデザートの名前やバージョン番号を付与されていない。そうした詳細は、Android Mがさまざまな端末で一般提供される2015年中に明らかになるだろう。ただし、現時点では開発者だけを対象としている。

Googleは開発者会議Google I/Oで新しいAndroid Mをプレビュー公開した。
Googleは開発者会議Google I/Oで新しいAndroid Mをプレビュー公開した。
提供:James Martin/CNET

「Google Now」が「Now on Tap」でさらにスマートに

 Android MのGoogle Nowに関して最も興味を引かれない点は、端末のスクリーン下部から上にスワイプする代わりに、ホームキーを長押しして「Google Search」アプリ(Google Nowのカードが入っているアプリ)を起動できるようになったことだ。

Now on TapはGoogle Nowを新しい次元に押し上げる機能だ。
Now on TapはGoogle Nowを新しい次元に押し上げる機能だ。
提供:James Martin/CNET

 本当に興奮させてくれる変更点は、Google Nowがこれまでよりはるかにコンテキストに敏感になった点だろう。ユーザーが閲覧している電子メールを理解するほか、再生中の楽曲やユーザーの利用するドライクリーニング店についての指摘、それらに関する有益な情報の表示ができるようになった。Googleはこの機能をNow on Tapと呼んでいる。

 たとえば、フライト前にレンタカー店に向かって車を走らせているとき、ガソリンスタンドの場所が表示される(Googleはユーザーの予約記録やスマートフォンの現在地から、そうした情報を既にすべて把握している)。

 もう1つ例を紹介しよう。楽曲を聴きながら、「OK, Google。彼女はどこの出身か」と尋ねると、答えが返ってくる。アーティストの名前を伝える必要はない。

GoogleのAndroid MのNow on Tapで最も重要なのはコンテキストである。
GoogleのAndroid MのNow on Tapで最も重要なのはコンテキストである。
提供:James Martin/CNET

 Now on Tapでは他にも、自宅方面の終電の時刻、近隣のクールなイベント、自分の車の駐車場所(既存の機能)についてアラートを送信することができる。外出する際は、目的地が混み合う時間帯や、ユーザーが次に行きたいと思いそうな場所を教えてくれる。

「Android Pay」

 Android MでAndroid Payが正式に搭載される。Android Payは、Googleが2015年のMobile World Congressで言及したモバイル決済システムだ。Android Payプラットフォームを利用することで、サードパーティー製アプリがアプリ内(アプリ内課金のような形)と小売店(NFCを使用)の両方で決済を処理することができる。スタンドアロンのモバイルウォレットアプリ「Google Wallet」は今後も存続するが、Android Payを使用することになる。

Android Payはサービス開始当初、70万の店舗で使用できる予定だ。
Android Payはサービス開始当初、70万の店舗で使用できる予定だ。
提供:James Martin/CNET

-PR-企画特集