「Android M」の第一印象--グーグル次期モバイルOSの新機能と変更点 - (page 2)

Jessica Dolcourt Sarah Mitroff (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年06月01日 11時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 指紋リーダー搭載スマートフォンでは、「iOS」と同様に、指紋で決済を認証することができる(サムスンも「Samsung Pay」という同様の決済システムを独自に提供している)。

 Android Payは、Walgreens、Macy's、Best Buyをはじめとする70万の店舗で使用できるようになる。

充電と省電力機能

 Googleのモバイルデバイスでは、充電ケーブル用の新規格「USB Type-C」がサポートされる予定だ。これにより、デバイス本体の充電に加えて、他のデバイスの充電も可能になる。さらに、両端のコネクタの形状が同じなので、もうどちらが「上」なのか頭を悩ませなくてもいい。

 それは充電に関する話だが、そもそもの省電力性はどうなのだろうか。Android Mは省電力機能「Doze」(動画)も備えており、Googleによると、現行のスタンバイモードより消費電力が少ないという。基本的に、ユーザーが長い時間端末から離れていると、ハイバネーションモードに切り替わってバッテリを節約する。その状態でも、重要なアラームや受信メッセージは通知されるが、消費電力は以前の半分まで低減される。

Type-C充電ケーブルは上下の向きを気にせずに差し込むことができる。
Type-C充電ケーブルは上下の向きを気にせずに差し込むことができる。
提供:James Martin/CNET

アプリの権限

 今回のアップデートでは、アプリがスマートフォンやタブレット上のさまざまなリソース、たとえばWi-Fi接続やカメラ、フォトライブラリ、連絡先を使用する方法が変更された。

 これまでは基本的に、アプリをインストールすることは、それらすべてのリソースの使用を全面的に許可することと同じだった。Android Mでは、アプリはスマートフォンの一部やGoogleアカウントにアクセスする必要が生じたときに、その権限を要求するようになる。たとえば、メッセージングアプリは、ユーザーが写真を撮影して送信しようとするまで、カメラの使用許可を求めないかもしれない。これはiOSデバイスの権限の処理と非常に似ている。アプリは、カメラ、連絡先、写真を使用する権限を必要に応じて要求する。

Android Mではデバイスを充電できるだけでなく、デバイス自体を電源にすることもできる。
Android Mではデバイスを充電できるだけでなく、デバイス自体を電源にすることもできる。
提供:James Martin/CNET

 GoogleはI/Oで、「新しい権限モデルにより、アップデートがシームレスになる」と述べた。アプリは最初にユーザーの許可を求めなくても、自動的にアップデートできるようになるからだという。

移行をより円滑に

 Androidでアプリを別のアプリへ、そして、そのアプリをウェブへとつなげる方法の円滑化について、Googleは新しいビジョンを抱いている。目に触れない部分での大量の作業によって、開発者は、ユーザーがアプリやウェブの間を何度も移動しても、より高速で、より完全な移行を実現できるようになる。この機能は第3四半期にユーザーに公開される予定だ。

開発者だけに公開

 Android Mは開発者に、Googleの「Nexus」デバイスで提供されており、そこで(おそらく)2015年秋まで改善が施されていくだろう。2015年秋にNexusデバイスに登場した後、ほかの既存ハードウェアにもロールアウトされていくはずだ。

Android Mプレビューは、開発者が同OSの完成度を高める助けになるだろう。
Android Mプレビューは、開発者が同OSの完成度を高める助けになるだろう。
提供:James Martin/CNET

 そのとき、Android Mにバージョン番号(「Android 5.2」「Android 6.0」など)と新しいスイーツにまつわる名前が付けられるだろう。その名称はまだ分かっていないが、「Marshmallow」(マシュマロ)から「Muffin」(マフィン)、「Marzipan」(マルチパン)、さらには「M&M」のようなブランド名(「Android 4.0 KitKat」という先例がある)まで、さまざまなうわさが流れている。それなら、「Marmalade」(マーマレード)と「Meringue」(メレンゲ)も候補に入れていいのではないだろうか。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]