logo

グーグル、「Android M」で指紋認証をネイティブサポートか

Don Reisinger (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年05月25日 12時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Android」の次期アップグレードで新しいセキュリティ機能を搭載するかもしれない。それは指紋センサのフルサポートだ。

 BuzzFeed Newsは、Googleの計画に詳しいとする人々の話として、同社が米国時間5月28~29日に開催する「Google I/O 2015」カンファレンスで、指紋認証をネイティブサポートした次期OS「Android M」が発表されると報じている。それが本当なら、Googleは開発者向けに指紋センサ機能のAPIを公開するということであり、開発者はアプリに指紋認証機能を組み込むことができる。

 ただし、Googleが実際に指紋認証をネイティブサポートするという見方は、同社がAndroid Mをリリースすることが前提だ。Googleは、2014年末にリリースした「Android Lollipop」の後継バージョンになると見られる次期モバイルOSを発表すること自体、まだ認めていない。とはいえ、同社は、Google I/Oサイトに掲載した開発者ブレイクアウトセッションに関する説明の中で、Android Mについて触れていた(その後、削除されている)。

 指紋認証のネイティブサポートは、Androidへの大きな追加機能になるだろうし、Appleの「iOS」に追いつく助けにもなるだろう。iOSでは、すでに同OSとサードパーティーアプリの両方でAppleの指紋センサ「Touch ID」をサポートしている。

 サムスンの「Galaxy S6」や「Galaxy S6 edge」など、一部のAndroidデバイスは指紋センサを備えているが、機能は比較的限られている。Android Mに指紋認証のネイティブサポートが追加されれば、サードパーティーの開発者は指紋認証機能を提供したり、多くのAndroid向けアプリにこの機能を組み込んだりできるようになるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集