logo

シスコシステムズのチェンバースCEO、7月に退任へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年05月07日 08時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットワーク大手Cisco Systemsで長年にわたって最高経営責任者(CEO)を務めてきたJohn Chambers氏が、2015年7月に退任すると発表した。

 後任はCiscoのワールドワイドフィールドオペレーションズ担当シニアバイスプレジデントを務めるChuck Robbins氏。7月26日付けでCEO職に就任する。

 20年間にわたってCEOを務めてきたChambers氏は、引き継ぎを終え次第、会長職に就任する予定。

 Robbins氏は1997年にCiscoに入社した。直近では、同社のグローバルセールスおよびパートナーチームを統括してきた。また、CiscoによるSourcefireとMerakiの買収も指揮した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集