logo

マイクロソフト、創業40年に--ビル・ゲイツ氏、従業員にメッセージ

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年04月06日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 40年前、今は世界最大手のソフトウェアメーカーであるMicrosoftも、大学を中退したBill Gates氏とPaul Allen氏が創設した新興企業にすぎなかった。

1986年に撮影のGates氏
1986年に撮影のGates氏
提供:Getty Images

 現在、Microsoftは12万5000人を超える従業員を抱え、シアトル郊外に800万平方フィート(約74万3000平方メートル)の敷地を有する。また、その主力製品は世界のコンピュータの90%近くに搭載されている。時価総額では、石油大手のExxon Mobilと長年のライバルであるAppleに次ぐ世界第3位の企業だ。

 Microsoftは米国時間4月4日に創業40年を迎えた。2000年に退任するまで25年間にわたって最高経営責任者(CEO)を務めたGates氏は、今後に向けて従業員に次のようにアドバイスしている。「テクノロジーの力を誰もが利用でき、人々が互いにつながり、PCがどこでも利用できるようにしてほしい」

 3日に従業員に送った電子メールの中で、Gates氏は、「ソフトウェアは世界に力を与えることができる」という40年前に自身が示したビジョンへの取り組みについて再び語った。そして、生活を変えるために何ができるかということを決して忘れないようMicrosoftに求めた。「一番大事なのは、次に何をするかということだ」とGates氏は述べている。

 Gates氏は、Microsoftを離れたものの今もなお、CEOであるSatya Nadella氏のアドバイザーの地位にあり、現在は、Bill & Melinda Gates Foundationの共同会長として慈善活動に力を注いでいる。個人資産のおかげで、この21年間で16回も、世界の長者番付で首位の座を守ってきたが、死ぬまでに資産の95%を慈善事業に提供すると誓っており、これまでのところ、280億ドルをBill & Melinda Gates Foundationに注ぎ込んでいる。

1978年に撮影の写真より。元CEOのBill Gates氏(写真左下)は、Microsoft創業40年で電子メールを従業員に送付した。
1978年に撮影の写真より。元CEOのBill Gates氏(写真左下)は、Microsoft創業40年で電子メールを従業員に送付した。
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集