logo

サムスン「Galaxy S6」レビュー(第1回)--デザイン、手にした感触、画面をチェック - (page 2)

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年04月03日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイン:プラスチックを廃止して金属とガラスを採用

 マット仕上げのアルミニウム合金フレームと「Gorilla Glass 4」を前面と背面に採用したS6は、プラスチック製だった過去5世代のGALAXYフラッグシップスマートフォンとは大きくかけ離れている。S6は明らかに旧モデルとは異なる強力な製品であり、ファンが長い間切望してきた製品だ。

 サムスンは一夜にしてここまでたどり着いたわけではない。同社は金属製フレームを採用した「GALAXY Note 4」やミッドレンジ寄りの「Galaxy Alpha」を開発し、その後、若者向けの「GALAXY A5」と「GALAXY A3」で全金属製の筐体を試した。

figure_2
Galaxy Sシリーズの端末ということは見て分かる。HTC Oneと間違えることはない。
提供:Josh Miller/CNET

 では、S6のシルエットを見ていこう。サムスン製端末によく見られる曲線を持ち、上部と底部は丸みを帯びているが、サイドはやや直線的だ。電源ボタンとnano-SIMカードスロットは右側面に配置されている。下側面にはMicro-USB充電ポートとヘッドセットジャックがあり、左側面には、「iPhone 6」と同じように2つに分かれた音量調節ボタンがある。

 中央には、金属の縁取りが付いたホームボタンがあり、その両側の2つの静電容量式ボタンは、最近使ったアプリを呼び出すボタンと、前のページに戻るボタンだ。ホームボタンをダブルタップすることで、いつでもカメラを起動できる素晴らしい新機能も追加された。この機能は本体がロックされているときでも利用可能だ(ただし、この場合は少し時間がかかる)。サムスンは指紋スキャナも改善した。これを使ってロックを安全に解除することができ、以前のようにセンサの上で指を滑らせなくても、ホームボタンの上に指を置くだけで指紋がスキャンされるようになった。スキャンは全体的に高速で信頼性も高い。

figure_3
なめらかで金属でできているS6とプラスチックでできているS5を並べて撮影。
提供:Josh Miller/CNET

 背面には、16メガピクセルのカメラ(Note 4と同じ)とセンサアレイが搭載されており、センサにはカメラのLEDフラッシュと心拍数モニタが含まれている。上部には赤外線通信用のIRブラスタがあり、スマートフォンをテレビのリモコンとして使うことができる。

 あら探しをすると、気になる点もいくつかある。背面から少し突き出たカメラが気に入らないユーザーもいるかもしれない。本体のガラス表面は、指紋が目立ちやすい。また、S5と違って、S6は防水ではない。

手に持ったときの感触

 Galaxy S6を手に取ると、写真で見るよりはるかに滑らかで薄く感じる。S6より少し分厚いGALAXY S5と比べると、特にそう感じられる。姉妹機種のGalaxy S6 edgeは、S6よりはるかにスリムな感じがするが、最も厚い部分ではS6 edgeの方が少しだけ分厚い。

サムスンのGalaxy S6とGalaxy S6 edgeの寸法
Galaxy S6Galaxy S6 edge
寸法(mm)143.4×70.5×6.8142.1×70.1×7.0
重さ(g)138132

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]