logo

楽天、ウェアラブル市場に参入--グローバル企業向け「英語力」測定グラスを開発中

井指啓吾 (編集部)2015年04月01日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天がウェアラブル端末の開発をひそかに進めていたことが4月1日にわかった。同社が運営するポータルサイト「インフォシーク」が、着用者の英語力を測定するグラス型ウェアラブル端末「英語スカウたん」を2016年4月1日に発売する。価格は53万円。グローバル化が進む企業や学校での利用を想定している。

  • 英語力を測れる「英語スカウタン」。100%UVカット機能を搭載もする

 仕組みは明らかにしていないが、「最先端技術」を利用することにより英語力の測定を実現した。ライバルのスコアを確認することで、自身の学習モチベーションを向上させたり、上司のスコアを確認して安心したりするなど多様な用途で活用できるという。

 英語スカウたんは紫外線に強い。100%UVカット機能により、着用者の角膜を片目だけ守る。なおグラス部分には目に優しいグリーンを採用している。

 サイズはXS/S/M/L/XLの5種類で、おおよその重量は200g。バッテリー駆動時間は5時間。側面には楽天のロゴが入っている。「想像以上に頑強な端末」(楽天)であり、庭にきゅうりの苗を植えたい時などにシャベルの代わりにして穴を掘ることも可能という。

 試作機の利用者は「会社が英語化されたのをきっかけに使用しています。スカウたんの正確なスコア測定には本当に驚きです。試しに英語が母国語の外国人に使ってみたのですが、あまりの英語力にスカウたんが爆発寸前になったのには参りました」と感想を述べている。

  • センサを織り込んだTシャツも開発中。写真は試作段階のもの

 さらに同日、センサを織り込んだTシャツを発売することを「楽天ブログ」のスタッフが明かした。仕組みはわからないが、いつでもどこでも、頭に思い描いた内容をブログに投稿できるという。現在、開発中の試作機をプレゼントする企画を実施している。

 IDCのレポートによると、2015年はウェアラブルが広範に採用される年になる可能性がある。2014年に出荷されたウェアラブル端末の台数は1960万台だったが、2015年末には、この数字が4570万台(前年比133.4%増)にまで伸びると予測されている。

※これはエイプリルフール企画の紹介記事です。

-PR-企画特集