logo

YouTube、子供向けアプリ「YouTube Kids」を提供へ

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年02月23日 08時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビデオストリーミングといえば、現在の最大のターゲットは子供たちだ。

 世界最大のオンライン動画サービスであるYouTubeは、「YouTube Kids」という新しい無料アプリを米国時間2月23日に提供開始することを明らかにした。同アプリはまず、Googleの「Android」OSを搭載する端末のみを対象に提供される。

 「Thomas the Tank Engine」「National Geographic Kids」「Reading Rainbow」といった特に子供を対象とする動画、チャンネル、プレイリストが提供され、ユーザーコメントや露骨な動画など、子供に対してあまり適切ではなかったり注意の妨げになったりするYouTube上の要素が排除される。

 このプロジェクトのグループ製品マネージャーを務めるShimrit Ben-Yair氏はUSA Today(本件については同紙が最初に報じた)に対し、「YouTubeを子供たちにとってよりよい場所にしてくれないかという要望が、親から絶えず寄せられていた」と述べた。


YouTube Kids
提供:YouTube

 Google傘下のYouTubeは、子供向けに動画を提供しようと考える各種ストリーミングおよびオンライン動画サービスのトレンドに倣っている。それによって、視聴者層を拡大し、親にとっての必須サービスになることが狙いだ。Netflixは何年も前から子供専用のポータルを提供しており、Amazonは独自の子供向けプログラムを推進している。

 今回のアプリに備わっている機能として、親は番組を終了させるタイマーをセットしたり、音声や検索をオフにしたりすることができる。また同アプリでは、子供がタップしやすいように番組に対する画像が大きくなっている。さらに、「sex」など特定の語が検索できないようにもなっている。

 この新アプリは、YouTubeの現行のモバイルアプリ(Android端末とAppleの「iOS」端末に対応)とは独立して機能する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集