デルの新「XPS 13」レビュー--優れたディスプレイやデザイン、「MacBook Air」との比較など - (page 3)

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2015年01月29日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 XPS 13を見て、最初に気がつくものはその13.3インチのディスプレイだろう。これは、枠がほとんどなく、端から端までがディスプレイになっているデザインのためだ。レビュー用のXPS 13のスクリーンは、2つあるオプションのうち、上位の3200×1800のタッチパネルで、1000ドル以下の構成で使用されるのは、1920×1080のタッチ操作できないパネルだ。この上位のパネルはクリアで明るく、視野角も非常に広い。解像度が1080ピクセルよりも高いため、近くで見ても個々のピクセルは目に見えず、画面が格子状になって画素が見える網戸現象も見られなかった。

 ほかの13インチラップトップにもこの解像度を採用しているものはある。特にLenovoのYoga Proシリーズと、一部の15インチラップトップは、4Kの3840×2160の解像度を持っている。こういった高い解像度は、多くのユーザーにとっては不要であり、性能とバッテリ持続時間の両方に悪影響を与える可能性があるが、写真や動画の編集や、画面のスペースを広げるには有効でもある。多くの一般的なアプリケーションやWindows 8は、この高い解像度でも利用可能だ。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

 筆者は1080pのタッチ機能のないパネルは試していないが、799ドルであればタッチ操作ができないとしても納得のいくトレードオフだと思えるだろう。ただし筆者の場合、Windows 8を操作していると、1回のセッションで少なくとも数回は画面に触れる機会がある。タッチ機能を諦めるかどうかは、自分の責任で決めてほしい。

 また、ベゼルが細くなった結果、画面の上の部分にウェブカメラを配置する場所がなくなった。そのため、カメラは画面の左下に移された。Skypeを使ったテストでは問題なく動作したが、画面は鼻を下から見上げる角度になり、背後には壁ではなく天井が見えることが多くなるだろう。

DELL XPS 13外部出力ポートおよびネットワーク接続
画面出力 mini-DisplayPort
オーディオ ステレオスピーカ、ヘッドホン・マイクのコンボジャック
接続ポート USB 3.0x2、SDカードリーダ
ネットワーク接続 802.11ac Wi-Fi、Bluetooth
光学ドライブ なし

接続ポート、性能、バッテリ

 これだけボディが小さいと、一部の接続ポートは省かざるをえない。利用できるのは、mini-DisplayPort、2つのUSB 3.0、オーディオポート、SDカードスロットだ。HDMIやイーサネットのポートはない。ただし、左側にバッテリメーターは付いている(この機能はもっと多くのノートPCに採用されるべきだ)。メーターのランプを点けるためのボタンが引っ込みすぎていて押しにくいのが難点だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]