logo

リリースが待たれる「Apple Watch」--「WatchKit」ドキュメントで見る機能や特徴 - (page 2)

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎2014年12月15日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイティブで実行されないアプリ

 (少なくともはじめは)Apple Watchでネイティブに実行されないアプリ。その代わり、ユーザーがApple Watchでアプリを起動すると、「iPhone」でWatchKit拡張が起動され、相互に接続する。これによって、ユーザーがそのアプリの操作を止めるまで、iPhone上のアプリから、Apple Watch上のアプリへのメッセージの送信が可能になる。

 多くの処理がiPhoneに転送されるだけでなく、Apple Watchの電力消費も減少する(ただし、これによってiPhoneの電源がどれだけ消費されるかはまだ不明)。

提供:Apple
提供:Apple

2つのアプリインターフェーススタイル

 Appleはアプリに2つのレイアウトスタイルを用意している。

  • 階層的:これは、「iOS」のメールアプリの動作に似ている。
  • ページベース:これはiOSの株価アプリや天気予報アプリの動作に似ている。
提供:Apple
提供:Apple

メニュー

 アプリはシンプルなメニューに対応しており、開発者はこれを使うことによって、限られた画面の面積を有効に使える。ユーザーはForce Touchのジェスチャーを使ってメニューを呼び出せる。

 ただし、メニューはスクロールできないので、あまりこれに頼りすぎることはできない。

提供:Apple
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]