編集記者のアンテナ

世界屈指のハードウェア製造都市--中国深センの今を写真で見る

Steve Ranger (TechRepublic) 翻訳校正: 編集部2014年12月06日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 わずか35年前の深センは、対岸の豊かな香港をうらやましげに眺める漁村にすぎなかった。しかし、中国初の経済特区に指定されて以来、急激に成長し、世界最大規模の都市の1つ、そして、世界的なテクノロジ産業の製造拠点へと変貌を遂げた。シリコンバレーがソフトウェアの中心地であるとすれば、深センはハードウェアの拠点だ。

 今日の深セン湾沿いに広がる高層ビル群は、香港とほぼ同様に印象的だ。都市的地域の人口は約1500万人に及ぶ。

 高層ビル群、秋葉原を思わせる電気店街、世界企業のHuawei(ファーウェイ)など、深センの今を写真で紹介する。

 わずか35年前の深センは、対岸の豊かな香港をうらやましげに眺める漁村にすぎなかった。しかし、中国初の経済特区に指定されて以来、急激に成長し、世界最大規模の都市の1つ、そして、世界的なテクノロジ産業の製造拠点へと変貌を遂げた。シリコンバレーがソフトウェアの中心地であるとすれば、深センはハードウェアの拠点だ。

 今日の深セン湾沿いに広がる高層ビル群は、香港とほぼ同様に印象的だ。都市的地域の人口は約1500万人に及ぶ。

 高層ビル群、秋葉原を思わせる電気店街、世界企業のHuawei(ファーウェイ)など、深センの今を写真で紹介する。

提供:Steve Ranger/TechRepublic

  • このエントリーをはてなブックマークに追加