logo

「iPhone 6 Plus」レビュー(前編)--アップル製大型スマートフォンの使い心地

Tim Stevens (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年09月19日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 (編集部注:米CNETによるAppleの新端末「iPhone 6 Plus」のレビューを前編と後編の2回に分けて翻訳して公開します。後編は9月22日に公開しています

 「iPhone 6」ほど熱望されたスマートフォンがほかにあるとは考えにくい。「iPhone 4」でのデザイン革命を経て、大きな期待を集めて登場した「iPhone 5」は、ビジュアル面のアップデートが控えめで、一部のユーザーを落胆させた。消費者は過去のモデルと外観が大幅に異なるiPhoneを望んでいたため、その期待はiPhone 6に向けられた。

 多くの点で、iPhone 6はそうしたデザイン面の期待に応えているが、大きな違いを心から求めている人は「iPhone 6 Plus」を検討するといい。iPhone 6 Plusは旧モデルよりはるかに大きく、目に見えて薄くなったが、何より重要なのは、1回の充電で使用できる時間が大幅に伸びたことかもしれない。

 iPhone 6 Plusは素晴らしいスマートフォンではあるものの、万人向けではない。筆者は「ファブレット」(文字どおり「フォン」と「タブレット」をかけあわせたもの)という言葉が嫌いだが、iPhone 6 Plusがまさにファブレットそのものであることは否定のしようがない。iPhone 6 Plusの5.5インチ、1080pのIPS液晶ディスプレイは、4インチの旧モデル「iPhone 5s」と7.9インチの「iPad mini」の間にあった溝を見事に埋めている。4.7インチのiPhone 6もそれと同じ溝に収まるサイズだが、iPhone 6 Plusは、小型タブレットとしても使えるスマートフォンを求めるユーザーにとって、理想的な大きさだ。

デザイン

 スマートフォン市場全体を見渡しても、iPhone 6 Plusは大きな部類に入る。サイズは158.1mm×77.8mmで、サムスンの「GALAXY Note 3」より12mm近く縦に長いが、横幅は若干短い。172gという重量は、GALAXY Note 3よりわずかに軽い程度だが、7.1mmという厚さはGALAXY Note 3の9.6mmに比べると際だって薄い。

Apple iPhone 6 PlusApple iPhone 6LG G3サムスンGALAXY Note 3
基本価格(2年契約)299ドル199ドル199ドル99ドル
ディスプレイサイズ/解像度5.5インチ/1920×1080 IPS(401ppi)4.7インチ/1344×750 IPS(326 ppi)5.5インチ/Quad HD 2560×1440 IPS(538 ppi)5.7インチ/1920×1080 Super AMOLED(386 ppi)
CPU1.38GHz Apple A8(64ビット)1.39GHz Apple A8(64ビット) 2.5GHz Qualcomm Snapdragon(Krait 400)2.3GHz Qualcomm Snapdragon(Krait 400)
メモリ1Gバイト1Gバイト3Gバイト2Gバイト
内蔵ストレージ 16Gバイト、64Gバイト、128Gバイト16Gバイト、64Gバイト、128Gバイト32Gバイト32Gバイト、64Gバイト
拡張ストレージ非対応非対応対応(microSD)対応(microSD)
通信機能802.11acワイヤレス、Bluetooth 4.0、NFC802.11acワイヤレス、Bluetooth 4.0、NFC802.11acワイヤレス、Bluetooth 4.0、NFC802.11acワイヤレス、Bluetooth 4.0、NFC
OSiOS 8iOS 8Android 4.4.2Android 4.3

 サイズとは関係なく、手に持ったときの感触はGALAXY Note 3よりiPhone 6 Plusの方が断然心地よい。旧モデルと同様のつや消しアルミニウム製ではあるが、厳格な直線と面取りされた側面のためにiPhone 5が飾り気のない工業製品のような感じになっていたのに対し、今回の新モデルはもっと有機的だ。手に食い込むのではなく、手の中に心地よく収まる。

figure_1
提供:CNET

 とはいえ、この丸みを帯びた新しい形状(丸みのある側面までガラスが伸びている)のために、それほど特色がない外観になってしまった。この曲面ガラスは、Nokiaの「Lumia」デバイスのユーザーにとってはなじみ深いものだろう。また、背面のプラスチック製のDラインは「HTC One」を連想させる。iPhone 6 Plusの外観や手触りは素晴らしいが、旧モデルほどユニークなスタイリングではないと言わざるをえない。

 ボタンの配置も競合製品と似ており、電源/ロックボタンは右側面に移された。本体上部までの距離が遠くなったことを考えると、歓迎すべき変更だ。音量ボタン(丸い形ではなく、旧モデルより広く平らになった)の位置はこれまでどおり左側面で、マナーモードのON/OFFスイッチの真下にある。iPhone 5sと同様、3.5mmヘッドホンジャックは下側面に配置されており、その横には、(驚くほど強力な)内蔵スピーカーの音を外に出す穴が8つ開いている。

-PR-企画特集