logo

ボーイング「787 Dreamliner」の製造工程--前部胴体ができるまで - 9/28

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年09月06日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 バレルは、オートクレーブに入れる段階では黒色だが、出てきたときはこのように銀色になっている。そのため、Dreamlinerのバレルが既にオートクレーブに入れられたかどうかを見分けるのは簡単だ。また、オートクレーブから出てきたときのバレルは、全体的に滑らかで、何も切り抜かれていない。

 バレルは、オートクレーブに入れる段階では黒色だが、出てきたときはこのように銀色になっている。そのため、Dreamlinerのバレルが既にオートクレーブに入れられたかどうかを見分けるのは簡単だ。また、オートクレーブから出てきたときのバレルは、全体的に滑らかで、何も切り抜かれていない。

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]