logo

ボーイング「787 Dreamliner」の製造工程--前部胴体ができるまで - 7/28

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年09月06日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 このオートクレーブは、2000年代中ごろに建造されたときは世界最大だった。現在は、世界最大のものよりわずかに数インチ(1インチは約2.54cm)小さい。

 Dreamlinerのバレルは、準備が整うとこの中に入れられて、約10時間「処理」される。Spirit Aerosystemsはバレルにこの作業を施す際の温度や圧力を公表していない。

 オートクレーブの左側にはドアがあり、このドアをしっかり閉じた後で、「処理」を行う。

 このオートクレーブは、2000年代中ごろに建造されたときは世界最大だった。現在は、世界最大のものよりわずかに数インチ(1インチは約2.54cm)小さい。

 Dreamlinerのバレルは、準備が整うとこの中に入れられて、約10時間「処理」される。Spirit Aerosystemsはバレルにこの作業を施す際の温度や圧力を公表していない。

 オートクレーブの左側にはドアがあり、このドアをしっかり閉じた後で、「処理」を行う。

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]