logo

ボーイング「787 Dreamliner」の製造工程--前部胴体ができるまで - 12/28

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年09月06日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この写真では、トリム加工とドリル加工を行いやすいように、Dreamlinerの前部胴体が片側に傾けられている。前部胴体は中心軸によって自由に回転させることができる。これは、さまざまな部分に作業員の手が簡単に届くようにするために必要なものだ。

 この写真では、トリム加工とドリル加工を行いやすいように、Dreamlinerの前部胴体が片側に傾けられている。前部胴体は中心軸によって自由に回転させることができる。これは、さまざまな部分に作業員の手が簡単に届くようにするために必要なものだ。

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]