「Windows 8.1」をより快適に--知っておくべき9つの設定項目 - 3/11

Dan Graziano (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年08月15日 07時30分
デスクトップモードで起動する

 Windows 8.1を使って最初に気づくことの1つは、さまざまなアプリが雑然と並んだレイアウトだろう。Microsoftはこのデザインを「Metro」ユーザーインターフェースと呼んでいる。Windows 8.1の(いわゆる)スタート画面は万人向きではない。「デスクトップ」タイルをクリックすれば、慣れ親しんだWindows 7のデスクトップに戻ることができる。

 また、PCやタブレットが、スタート画面をスキップして、自動的にデスクトップモードで起動するように設定することも可能だ。この設定を行うには、デスクトップのタスクバーを右クリックして(またはタッチスクリーンを長押しして)、「プロパティ」を選択し、「ナビゲーション」タブをクリックする。その後、「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」というボックスにチェックを入れる。
Scroll Right Scroll Left

デスクトップモードで起動する

 Windows 8.1を使って最初に気づくことの1つは、さまざまなアプリが雑然と並んだレイアウトだろう。Microsoftはこのデザインを「Metro」ユーザーインターフェースと呼んでいる。Windows 8.1の(いわゆる)スタート画面は万人向きではない。「デスクトップ」タイルをクリックすれば、慣れ親しんだWindows 7のデスクトップに戻ることができる。

 また、PCやタブレットが、スタート画面をスキップして、自動的にデスクトップモードで起動するように設定することも可能だ。この設定を行うには、デスクトップのタスクバーを右クリックして(またはタッチスクリーンを長押しして)、「プロパティ」を選択し、「ナビゲーション」タブをクリックする。その後、「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」というボックスにチェックを入れる。

提供: Sarah Tew/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]