logo

グーグル、教員支援ツール「Classroom」をリリース

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 水書健司 高橋朋子 (ガリレオ)2014年08月14日 11時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの「Classroom」プロジェクトが試験段階を終え、「Google Apps for Education」の全ユーザー向けにリリースされた。

 2014年5月に発表されたClassroomは、「Google Drive」「Google Docs」「Gmail」を組み込んだオンラインツールで、教員がこれらのサービスを利用してオンラインで宿題の配布と回収を行い、また教室の内外で教員と生徒のコミュニケーションを強化するのに役立つ。Classroomは、Google Apps for Educationスイートの一部として提供される。

 このツールキットに含まれる「Google School」を利用すると、教員は宿題の配布と回収、宿題に着手した生徒としていない生徒の確認、および連絡事項の伝達が行えるほか、各生徒に個別のDriveフォルダを作成できる。また、「Google+」と同様のやり方で、生徒はコンテンツの「ストリーム」に投稿し、他のクラスメートとつながりを持つことができる。

 生徒のプライバシーを保護するため、Classroomでは広告は表示されず、データがマーケティング目的に利用されることもない。

 Classroomは42の言語に対応しており、Googleによれば、ほとんどのモバイルデバイスで「正しく動作する」という。

提供:Google
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集