logo

アップルの13インチ新「MacBook Air」レビュー--1.4GHz「Core i5」搭載で新価格 - (page 2)

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2014年07月10日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザインと機能

 MacBook Airの外見は過去2世代と同じで、最新のウルトラブックとも十分に戦えるデザインだが、ソニーの「VAIO Pro」シリーズなど一部の製品は、生産性を損なうことなくより薄くて軽いデザインを採用しつつある。

 11インチ版と13インチ版のどちらも先代と同じ厚さで、0.11インチ~0.68インチ(0.3cm~1.7cm)だ。13インチの大きなボディからすると、13インチ版のこの厚さは十分に薄く感じられる。

提供:Sarah Tew/CNET
VAIO Pro 13と13インチMacBook Air。
提供:Sarah Tew/CNET

 従来のバージョン同様、アルミニウムのしっかりした作りになっているため、保護ケースなしでかばんに放り込んで持ち運んでも安心できる頑丈さを持っている。MacBook Airのアルミニウム製ユニボディと、前述のVAIO Proが持つより軽量なカーボンファイバボディの対比は非常に興味深い。現場で「かばんに放り込んで使う」テストを経験したところでは、筆者はMacBook Airとその変形しにくいふたの方を信頼している。

 バックライト付きキーボードとトラックパッドは先代モデルと同じで、特にこのトラックパッドは、他のラップトップの比較基準になっている標準的なものだ。多くのラップトップメーカーは、より大きなクリックパッド型のタッチパッドに移行しているが、筆者らの考えでは、このマルチタッチジェスチャーの使えるタッチパッドに迫るものはまだない。このタッチパッドは上側がヒンジになっており、パッド全体がクリック可能だ。使い勝手を良くするため、システム環境設定メニューですべてのタッピングオプションをオンにすることをお勧めする。


 「Windows 8」がコンピュータのOSを使う際の概念自体を再発明しようと試みている(常に成功しているとは限らない)一方で、「OS X Mavericks」がアップデートされようとしている中、Appleのユーザーインターフェースがどのように発展していくのかは興味深い問題だ。現在のところ、MacBookのトラックパッドで採用している、3本指または4本指のジェスチャーによる操作は、いまだにウィンドウやアプリケーションをシームレスに切り替える最善の方法だ(少なくとも筆者の経験では)。

 11インチのMacBook Airとは異なり、13インチ版の画面はいまだに16:9のディスプレイではない。また、画面の領域は、MacBook Proに見られるような黒いベゼルに全面ガラスの形式ではなく、従来通り厚い銀色のベゼルで取り囲まれている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]