logo

シャープが語る中小型ディスプレイ--スマホとタブレットの高精細化は急務

加納恵 (編集部)2014年07月08日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは7月7日、中小型ディスプレイの取り組みについて説明会を開催した。6月に開発発表がされたフリーフォームディスプレイを含む新開発製品を披露したほか、生産体制などを紹介した。

  • 液晶工場の概要

 現在シャープは、奈良県の天理工場、三重県の亀山工場、三重工場の3つの生産拠点を持つ。これら3拠点は自動車であれば約1時間の距離で、距離感をいかし技術の融合が生まれやすい環境にあるという。加えて鳥取県米子市にはMEMSディスプレイを生産する米子工場を持つ。全4拠点で、超高精細スマートフォン用から車載、アミューズメント用、テレビ、サイネージ用までを生産している。

  • シャープのディスプレイデバイス開発本部開発戦略統轄である今井明氏

 なかでも大きく伸長を続けるのはスマートフォン、タブレット向け市場だ。2つの市場あわせて、2013年の需要は3兆9000億円。シャープでは2017年には6兆8000億円に達すると見ており、平均伸長率は14.5%で、2013年比で1.7倍を見込む。一方、車載、産業機器向け市場においても2013年の5600億円から2017年は7800億円まで伸長するとしており、平均伸長率は8.7%で、2013年比で1.7倍になる見通しだ。

 シャープのディスプレイデバイス開発本部開発戦略統轄である今井明氏は「スマホ、タブレット向け需要は高精細化が進み、フルHD以上の解像度を持つモデルは2013年以降急速に伸びる見通し。2017年についてはスマートフォンで全体の44%、タブレットで全体の56%が高精細タイプになる見込み」とした。

  • 高精細ディスプレイの比較。写真は4.9型の1280×720ピクセル(HD720)

  • 写真は5型の1920×1080ピクセル(FHD)

  • 写真は5.5型の2560×1440ピクセル(WQHD)

 同社では、三重の第3工場で超高精細WQHDパネル、奈良の亀山第2工場で高精細フルHDパネルの製造を開始しており、工場ごとに生産のすみ分けを図る。

 今井氏は「IGZO技術の進化により、フリーフォームディスプレイや従来のディスプレイでは達成できなかった超低消費電力、耐環境性能、高色純度により新たなディスプレイ市場を開拓するMEMSなど、新規ディスプレイの創出に貢献している」と新たな取り組みについて話した。

  • 7型MEMSディスプレイ(WXGA)。高色再現範囲のカラー表示

  • 7型MEMSディスプレイ(WXGA)。ローパワーモード切替表示

-PR-企画特集