ソフトバンクテレコム、横浜市にクラウド型デジタルサイネージを導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクテレコムは7月7日、タブレット端末とクラウドを活用してコンテンツの一括配信管理ができるデジタルサイネージサービス「ホワイトクラウド ビジュアモール クイックサイネージ」を横浜市に提供すると発表した。クラウド型デジタルサイネージの導入は、自治体では横浜市が初めてだという。

 このサービスは、企業や自治体が商品情報や交通情報、施設情報、観光情報といったコンテンツをデジタルサイネージに配信する際の、コンテンツ登録、保管、配信機能をクラウドサービスとして提供するもの。クラウドで提供されるため自社でシステムを構築・保有する必要がない点が特長だ。

 横浜市は、7月16日にリニューアルオープンする桜木町駅観光案内所に、利用者のニーズに合った最新情報をタイムリーに配信できるシステムとしてクラウド型デジタルサイネージを採用し、国内外からの来訪者に対する利便性向上を推進。案内所内に設置される大型ディスプレイのほかに、市内3カ所の案内所のタブレット端末に配信するコンテンツを一括管理するという。


サービスイメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加