logo

一夜限りの開発トークショーも--「初音ミク×セガ」5周年イベントがジョイポリスで開催 - 36/43

佐藤和也 (編集部)2014年07月03日 18時28分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 3DS版「初音ミク Project mirai」が2012年3月8日に発売され、その8日、9日に「ミクの日大感謝祭」が開催。Project miraiシリーズとしては第1弾、ミクの日大感謝祭も当時は一区切りの意味もあり、さらに頭身が違うキャラクターを平行して開発するなど、この並行作業は本当に大変だった模様。この大変さを大崎氏は「これまでで一番大変だったのが『シェンムー』で、その次に大変だった」と表現した。

 ほかにも2012年8月には「夏の終わりの39祭り」を開催し、ウォータースクリーンに投影したライブを実施。内海氏は当時、ソニー・コンピュータエンタテインメントから提案された際に、いつもは他人を驚かせている内海氏が「は?」と言ってしまうぐらいに驚いたという。

 またPS Vitaで発売された「初音ミク -Project DIVA- f」は、初めてといってもいいぐらいにコンシューマとアーケードの部署が一緒になって取り組んだプロジェクトで、お互いが机を並べて仕事をしていたという。

 3DS版「初音ミク Project mirai」が2012年3月8日に発売され、その8日、9日に「ミクの日大感謝祭」が開催。Project miraiシリーズとしては第1弾、ミクの日大感謝祭も当時は一区切りの意味もあり、さらに頭身が違うキャラクターを平行して開発するなど、この並行作業は本当に大変だった模様。この大変さを大崎氏は「これまでで一番大変だったのが『シェンムー』で、その次に大変だった」と表現した。

 ほかにも2012年8月には「夏の終わりの39祭り」を開催し、ウォータースクリーンに投影したライブを実施。内海氏は当時、ソニー・コンピュータエンタテインメントから提案された際に、いつもは他人を驚かせている内海氏が「は?」と言ってしまうぐらいに驚いたという。

 またPS Vitaで発売された「初音ミク -Project DIVA- f」は、初めてといってもいいぐらいにコンシューマとアーケードの部署が一緒になって取り組んだプロジェクトで、お互いが机を並べて仕事をしていたという。

(C) SEGA / (C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]