logo

グーグル、企業向け「Glass at Work」認定開発パートナーを発表

Natalie Gagliordi (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2014年06月17日 10時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メガネ型ウェアラブル端末の「Google Glass」は、消費者分野ではまだ冷やかしの対象にとどまっているが、企業向けにはアプリケーションの開発が積極的に進められている。

 Googleは米国時間6月16日、Google Glassの企業向けソリューション開発を手がける企業を対象とした認定パートナープログラム「Glass at Work Certified Partners」の参加企業第1陣を発表した。各社は共同でブランディングを行い、「Glass at Work」のウェブサイト上に社名を掲載してもらう資格も得る。

 Googleによると、多数の開発企業がこのプログラムに応募したという。同社は、医療やメディアからスポーツやエンターテインメントにいたるまで、極めて広範にわたる産業分野を混在させることにしたようだ。第1陣として選出されたパートナー企業は、APX Labs、Augmedix、CrowdOptic、GuidiGO、Wearable Intelligenceの5社だ。

 APX Labsは、Google Glass用の業務ソフトウェアアプリケーション「Skylight」を開発している。Augmedixは、電子化された医療記録との情報交換を合理化する医師向けのサービスを販売する企業だ。CrowdOpticは、スポーツ、エンターテインメント、医療業界向けに、状況に応じて情報を提供するアプリケーションの開発を手がける。GuidiGOは、博物館や文化施設のネットワーク利用を進めようとしている。そしてWearable Intelligenceは、ワークフロー、通信、トレーニング、データアクセス製品を開発する企業だ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]