logo

アップルの新プログラミング言語「Swift」--その目的と意味するところ - (page 3)

Tim Stevens (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2014年06月17日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Swift--今までで最高の言語なのか?

 Pythonのようなスクリプティング言語は記述しやすく、テストしやすいが、とりわけパワフルというわけでもなく、一般的に実行効率が高いとも言えない。このため、デバイスの持つ能力をすべて引き出す必要があるような、例えばゲームのようなアプリを開発する際には、理想的な言語にはならない。Objective-Cのような従来からあるプログラミング言語では、デバイスの持つ能力をより上手に引き出せるため、より包括的なアプリの開発が可能になる。その一方で学習が難しく、コンパイルやテストに手間がかかるものとなっている。

 Swiftは長所をすべて備え、短所をいっさい持たないと約束されている。Appleは少なくともいくつかの重要なベンチマークにおいて、PythonはおろかObjective-Cの実行速度すら大きく上回ると約束した。しかも、「Xcode」開発環境内の「Playgrounds」と呼ばれている、GUIによる対話型実行環境を用いることで、スクリプティング言語のようにリアルタイムでSwiftコードを実行したり、結果を表示させられるようになっている。


Appleの新たなプログラミング言語Swiftのロゴ。
提供:Tim Stevens/CNET

 基調講演では、飛行船が一定パターンで上下するようなゲームの開発がデモされていた。これには初歩的な数学関数である正弦(sin)関数(三角関数を学んだ日々を思い出すかもしれない)が用いられていた。正弦関数によってy軸の0を挟むようにきれいなカーブが描き出される。ふわふわと空中を浮遊する飛行船にはこの関数がぴったりだろう。

 Swiftを用いれば、正弦関数の値は簡単に飛行船の座標に代入できるうえ、アプリ実行中の値の変化を簡潔な線グラフにして確認できるようにもなる。これにより、飛行船の動きを驚くほど簡単に視覚化し、気に入らなければすぐさま変更できるようになる。従来であれば、開発者はまずコンパイラで処理した後、実行し、うまく動いてくれるよう願うしかなかった。このようなコンパイル処理は、アプリの規模にもよるが、数秒から数分、あるいはそれ以上に及ぶ場合もある。


提供:Tim Stevens/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]