logo

次期iPhoneに「興味がある」53.4%--MMD研究所

井指啓吾 (編集部)2014年05月30日 16時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MMD研究所は5月30日、15歳以上の男女934人を対象に実施した「2014年MVNOと次期iPhoneに関する興味度調査」の結果を発表した。これによると、次期iPhoneに「興味がある」との旨の回答(興味度)をしたのは53.4%。MVNOの認知度は75.2%で、興味度は42.3%だという。

 調査結果によると、次期iPhoneシリーズに興味があるかという質問に対し、「すごく興味がある」に23.9%、「興味がある」に29.6%が回答。OS別に見ると、iOSユーザー459人の42.3%が「すごく興味がある」、36.8%が「興味がある」と回答したという。なお、Androidユーザーでは、317人の30.6%が次期iPhoneに興味があると回答している。

 MVNO各社が提供している低価格のSIMカードについての質問では、31.9%が「言葉だけではなく意味までわかる」、43.3%が「なんとなくわかる程度」と回答し、合わせて75.2%がこれについて認知しているという。

 また、低価格SIMカードについて説明をしたうえで興味があるかを聞くと、「すごく興味がある」が14.3%、「興味がある」が27.9%で、合わせて42.3%が低価格SIMカードに興味を持っていることがわかったそうだ。

 MVNOは、携帯電話などの無線通信インフラを他社から借りてサービスを提供する事業者のこと。大規模な設備投資が不要で、安価でモバイルサービスを提供できる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]