logo

グーグル、従業員の人種構成など公表--多様性は「理想とはほど遠い」

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一 (ガリレオ)2014年05月30日 10時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが全従業員の構成データを公表し、同社における多様性は「理想とはほど遠い」と述べた。

 同社の従業員5万人強のデータを見ると、米国内では同社従業員の70%が男性で、61%が白人となっている。黒人は全従業員の2%、ヒスパニック系は3%、アジア系は30%だ。


提供:Google

 Googleの技術関連要員に占める割合は、男性が83%、白人が60%であるのに対し、黒人は約1%、ヒスパニック系は2%となっている。ちなみに米労働省のデータによると、労働人口に占める割合は平均すると黒人が12%、ヒスパニック系が16%で、女性が47%だ。


 白人男性はGoogleの指導的な役割でも多数を占める。男性の割合は79%で、人種構成は白人が72%、黒人が2%、ヒスパニック系が約1%、アジア系が23%となっている。指導者としての職務に就く女性の割合は21%だ。


 人事担当シニアバイスプレジデントのLaszlo Bock氏は、ブログで次のように述べている。

 われわれはずっと、Google従業員の多様性について数字を公表することに積極的でなかった。だがそれは間違いで、この問題について率直になるべき時だと、今では認識している。簡単に言えば、多様性という点でGoogleはまったく目標に達しておらず、事実に基づいてオープンに話し合う用意がなければ、このような課題に取り組むのは困難だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]