logo

アップル、「WWDC」アプリをアップデート--WWDC 2014に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間5月21日、同社年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)」用アプリのアップデート版を公開した

 今回のアップデート版では、WWDC 2014に関する最新ニュースやスケジュールに対応するようになっている。WWDC 2014は6月2日よりカリフォルニア州サンフランシスコにあるモスコーンウェストで開催が予定されている。

 同アプリでは、WWDCで開かれるセッション、ラボ、イベントの時間、場所、内容が参照できたり、セッションのビデオをストリーム再生できたりする。また、スケジュール項目をお気に入りとして登録することも可能となっている。

 現在、スケジュールとしては、2日10時より基調講演が予定されているが、その他の日程では「ノーコメント」「これは秘密」「まだ内緒」などの項目が表示されていたりする。


提供:Apple

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]