logo

ドコモ、「5G」通信を2020年に実用化へ--世界ベンダー6社と協力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは5月8日、Ericsson、富士通、Nokia、Samsung Electronicsなど世界の主要ベンダー6社と第5世代移動通信方式(5G)に関する実験で協力することに合意したと発表した。

 5Gとは、10Gbpsを超える通信速度、LTEの約1000倍にもおよぶ大容量化、M2M通信の普及に伴う端末数の増加や多様なサービスへの対応などを目指して研究が進められている次世代の移動通信方式。2013年から世界の様々な研究団体や国際会議などで議論が活発化しており、2010年頃より研究を進めているドコモは、2020年のサービス提供を目指して世界の研究団体などで主導的に活動しているという。

 ドコモは、Alcatel-Lucent、Ericsson、富士通、NEC、Nokia、Samsung Electronicsの6社と個別の実験に向けた検討をするとともに、その他ベンダーとの協力も含めた幅広い検討を進めていくという。具体的には、現在利用されている周波数帯よりも高い6GHzを超える周波数を活用するための技術、単位面積あたりの容量を増大させる技術、M2Mや様々なアプリケーションに適した無線伝送方法など、様々な移動通信技術を検証するために、協力関係にある6社と個別に実験テーマを決めて進めていくとしている。


各ベンダーとの実験の内容

 2014年中にはドコモR&Dセンタなどで屋内実験を開始し、2015年以降に屋外実験を開始する予定とのこと。実験の結果は、5Gに関する世界の研究団体や国際会議、2016年以降に開始される5Gの標準化に向けた取り組みなどで、活用していくという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]