logo

アップルのPR担当バイスプレジデント、退職へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Re/cordのJohn Paczkowski氏が米国時間5月7日に公開した記事によると、Appleでワールドワイドコーポレートコミュニケーション担当バイスプレジデントを務めるKatie Cotton氏が退職するという。

 Cotton氏は、同社共同創設者Steve Jobs氏や現同社最高経営責任者(CEO)を務めるTim Cook氏のゲートキーパーとしての役割を担うとともに、「iMac」から「iPad」にいたるまでほとんどすべての製品で報じられ方を管理し、Appleブランドに関する神秘的雰囲気や排他性を形作る上で重要な役割を演じてきたと同記事は述べている。

 Appleの広報担当者Steve Dowling氏は、「Katie(Cotton氏)は18年間以上にわたり、自身のすべてをこの会社に捧げてきた」とPaczkowski氏に対し声明で述べている。「(Cotton氏は)子供たちとの時間を持ちたいと以前から思っていた」(Dowling氏)

 同記事でCotton氏は、Appleを離れることについて、自身のキャリアで最も難しい決断の1つだったことを明かしている。「Appleは自分の心や体の一部」とCotton氏は述べている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]