logo

「Apple TV」、販売数は2000万台に--クックCEOが明らかに

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年04月24日 12時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏は、Apple TVがもはや「趣味」ではない理由を説明する興味深い数字を挙げた。

 Appleは、同メディアストリーミングボックスを累計で2000万台販売した。Cook氏は2013年5月、同製品を1300万台販売したことを明らかにしていた。比較として、Rokuは2013年はじめ、800万台のストリーミングビデオユニットを販売しているが、Parks Associationは、Rokuの方が多くのコンテンツをストリームしていると述べている。

 Apple TVは、Appleにとって趣味として始まったが、同社製品ラインアップにおいて重要な部分を次第に占めるようになってきており、他の自社製品をテレビとより密接に結び付けている。また、Apple TVは、Appleにおいてある程度大きな売り上げももたらしている。Cook氏は、Apple TVから直接購入されるコンテンツにより、同デバイスが10億ドルを超える売り上げ生み出していることを述べた

 同氏は、「10億ドルを生み出しているものを趣味と表現するのは適切でないように思う」と述べている。

Apple TV
Apple TV
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]