logo

Dropbox、写真ストレージサービスのLoomを買収

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年04月18日 09時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 あらゆるものをクラウドに保存するためのワンストップショップの確立を目指すDropboxが、新たに新興企業を買収した。

 今回買収したのは、こちらも写真ストレージサービスを提供するLoomである。同社は、多様なデスクトップ端末やモバイル端末の間でのデジタル写真と動画の共有および同期を対象に、最大5Gバイトのストレージを無料で提供していた。

 買収の金銭的条件は公表されていない。

 Loom買収に先立ち、Dropboxは先週、新しい写真ストレージアプリ「Carousel」をリリースしている。コンテンツを世界中に公開するFacebookとは異なり、Carouselは、少人数の友人や家族の間でのコンテンツ共有を目的としている。

 したがってLoomは、Carouselのチームに組み込まれる見込みだ。

 Loomの既存ユーザーは同サービスを米国時間5月16日まで利用し続けることができる。

 Loomを無料で利用しているユーザーには、Carouselへの移行時にDropbox上で同容量の無料ストレージが永久に提供される予定。Dropboxは2Gバイトのクラウドストレージ容量しか無料提供していないため、これは実はお得な措置である。まだLoomを利用していない人に対しては、残念ながらLoom新規ユーザーの受付は終了している。

 Loomの有料ユーザーには、同容量のCarousel/Dropboxストレージが1年間無料で提供される予定。ユーザーは、自分のライブラリのデジタルコピーをzipファイルとして要求することもできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]