logo

グーグル、クラウドサービスの新戦略など発表--料金を大幅値下げ

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年03月26日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Googleのテクニカルインフラストラクチャ担当シニアバイスプレジデントを務めるUrs Holzle氏は米国時間3月25日午前、「Google Cloud Platform Live」で講演を行い、同社の最新のクラウド事業戦略およびポートフォリオの概要を説明した。

 Holzle氏は「Google Cloud Platform」(GCP)の現状について報告し、約475万のアクティブアプリケーションがGCP上で実行されていること、そして、1日当たり6兆3000億件のデータストレージ要求と280億件のフロントエンド要求が発生していることを紹介した。

 とはいえ、最も重要な話題は売り込み口上だった。

 クラウドの価格体系はハードウェアと同様に「ムーアの法則に従う」べきだと宣伝しているGoogleは、従量課金制サービスの利用料の値下げを実行した。Googleのビッグデータ分析エンジン「Google BigQuery」のオンデマンド料金は最大85%値下げされた。

 クラウドストレージも最大68%値下げされ、「Google Compute Engine」の料金もすべてのリージョン、クラス、およびサイズで最大32%値下げされた。

 Googleはオンデマンドの仮想マシン(VM)およびワークロードについても、継続的に利用しているユーザー向けの新しいディスカウントプランを通して、さらなる値引きを行うことを約束した。従来の料金と比較して最大53%安くなる可能性を秘めたこのプロモーションは、月の25%以上の時間、VMを利用するユーザーに適用される。

提供:Screenshot by Rachel King/CNET
提供:Screenshot by Rachel King/CNET

 Googleは新しい「Managed Virtual Machines for App Engine」も発表した。同社によると、Managed Virtual Machines for App Engineはたった数行のコードで自動的に実行および管理することが可能だという。

 Compute Engineの強力な機能と統合されたApp Engineには制約があるが、このManaged Virtual Machinesの新オプションによって、App Engineをより柔軟に利用できるようになる、とGoogleは概要を説明した。

 法人顧客にはCompute Engineのサポート対象の拡大も約束されており、まずは「Red Hat Enterprise Linux」と「SUSE Linux Enterprise Server」のサポートが追加された。顧客のニーズを受けて、Compute Engineは限定プレビューで「Windows Server 2008 R2」もサポートする、とGoogleのクラウドチームは述べた。

 システムに施されたほかの改善点は、Cloud Platformをより効率的にすることで、アプリ開発者の生産性を高めるためのものが中心だ。例えば、改善されたフィルタリングおよび検索ツールで集められたすべてのインスタンスのログや、関連コードへのワンクリックアクセスによるバグの詳細なスタックトレース、BigQueryを通して、データセットに対するインタラクティブなSQLクエリを数秒以内に実行できる機能などが挙げられる。

提供:Screenshot by Rachel King/CNET
Googleのテクニカルインフラストラクチャ担当シニアバイスプレジデントUrs Holzle氏は米国時間3月25日午前、Google Cloud Platform Liveで講演を行った。
提供:Screenshot by Rachel King/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集