logo

「Android Wear」搭載スマートウォッチのUI--画像で見るグーグルのウェアラブル用OS

Andy Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年03月19日 08時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Googleは新しい「Android Wear」OSによって、主流のウェアラブル技術を目指す同社の取り組みを次の段階へと進めると発表した。最初の製品はスマートウォッチになる予定である。このスマートウォッチは、情報や提案を表示し、音声による問いかけに回答し、健康とフィットネスに関する情報を提供し、他の機器に対するアクセスや制御が可能になる見込みだ。さらに、Facebook、チャット、ニュースの自動アップデートに対応する予定である。もちろん時刻も表示する。

 写真は、Android Wearを搭載する円形のスマートウォッチが天気などの情報を表示するのを示している。

関連記事:グーグル、ウェアラブル製品向けOS「Android Wear」を発表--スマートウォッチからまずは展開
Scroll Right Scroll Left

 Googleは新しい「Android Wear」OSによって、主流のウェアラブル技術を目指す同社の取り組みを次の段階へと進めると発表した。最初の製品はスマートウォッチになる予定である。このスマートウォッチは、情報や提案を表示し、音声による問いかけに回答し、健康とフィットネスに関する情報を提供し、他の機器に対するアクセスや制御が可能になる見込みだ。さらに、Facebook、チャット、ニュースの自動アップデートに対応する予定である。もちろん時刻も表示する。

 写真は、Android Wearを搭載する円形のスマートウォッチが天気などの情報を表示するのを示している。

関連記事:グーグル、ウェアラブル製品向けOS「Android Wear」を発表--スマートウォッチからまずは展開

提供:Google

-PR-企画特集