「Candy Crush Saga」開発のKing、IPOで最大6.13億ドル調達を想定か

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年03月13日 11時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 高い人気を誇る「Candy Crush Saga」など、さまざまな人気ソーシャルゲームの開発元であるKingはまもなく新規株式公開(IPO)を実施する予定だが、同社が具体的にどれだけの金額の調達を想定しているのかが明らかになった。

 米証券取引委員会(SEC)は米国時間3月12日、Kingが提出した修正書類を公開した。その書類を読むと、同社がIPOで2220万株を発行し、その価格を1株当たり21~24ドルに設定する計画であることが分かる。同社の株式の需要が急増すれば、オーバーアロットメントでさらに330万株を発行する予定だ。

 公募価格の上限である24ドルで2550万株すべてを発行できれば、Kingは6億1300万ドルを調達する見通しだ。これらすべての数字に基づいて計算すると、Kingの価値は76億ドルということになる。

 ニューヨーク証券取引所において「KING」というティッカーシンボルで株式を上場予定のKingは、IPO実施計画を2月に発表した。

 SECが3月12日に公開した情報は基本的に概要であり、今後変更される可能性がある。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加